TOPICS

続きを見る

  • 公休

    公休

    公休(こうきゅう)とは、労働者に付与される休日のうち予め使用者側から指定されたものをいう。一般的な企業では土曜日・日曜日・祝日が公休日になっていることが多い。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 3人

  • 労働基準法

    労働基準法

    労働基準法(ろうどうきじゅんほう)は、労働に関する諸条件を規定している日本の法律である。いわゆる労働法の中心となる法律。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 3人

  • 確定申告

    確定申告

    確定申告(かくていしんこく)とは、税金に関する申告手続を言い、日本においては次の諸点を指す。 1.個人が、その年の1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や家屋の新築・増改築・売買、盗難や火災、寄付、扶養家族状況などから所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること 2.法人が、原則として自己の定款に定められた営業年度を課税期間として、その期間内の所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき法人税額を確定すること 3.消費税の課税事業者である個人又は法人が、課税期間内における消費税額を計算した申告書を税務署へ提出し、その納税額を確定すること

    テーマ投稿数 249件

    参加メンバー 97人

  • 下請代金支払遅延等防止法

    下請代金支払遅延等防止法

    下請代金支払遅延等防止法(したうけだいきんしはらいちえんとうぼうしほう)は、下請け代金の支払いを適切に確保することにより、下請け業者の利益を保護することで、公正な取引を確保するための日本の法律をいう。独占禁止法の1つを構成する。 下請代金の支払遅延等を防止することによつて、親事業者の下請事業者に対する取引を公正ならしめるとともに、下請事業者の利益を保護し、もつて国民経済の健全な発達に寄与することを目的としている。なお建設工事の請負においては適用されず、建設業法のさだめるところによる(法第2条第4項)。

    テーマ投稿数 21件

    参加メンバー 3人

  • エスカレーター・エレベーター事故

    エスカレーター・エレベーター事故

    エスカレーターやエレベーターに関連する事故。エスカレーター事故は、安全意識に要因があることも。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 4人

  • ファシリテーション

    ファシリテーション

    ファシリテーションの話題を中心とするブログ用トラコミュです。

    テーマ投稿数 14件

    参加メンバー 5人

  • セブン&アイ・ホールディングス

    セブン&アイ・ホールディングス

    イトーヨーカ堂、セブン−イレブン・ジャパンをはじめ、外食や銀行を傘下に持つ国内最大の複合流通グループ。

    テーマ投稿数 23件

    参加メンバー 11人

  • 民事再生法

    民事再生法

    民事再生法(みんじさいせいほう、平成11年法律第225号)とは、経済的に窮境にある債務者の事業または経済生活の再生を目的とする日本の法律である。日本における倒産法の一つ。 従来、同じ目的で用いられてきた和議法(大正11年法律第72号。民事再生法の施行に伴い2000年(平成12年)4月1日廃止)の特徴であった簡素な手続構造を基本的に維持しつつ、再建計画(再生計画)の可決要件を緩和する一方で、その履行確保を強化するなど、使い勝手のよい再建型倒産法制の構築を目指した。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • 倒産法

    倒産法

    倒産法(とうさんほう)とは、経済的な破綻状況に至った企業または個人について、その財産の処分や債権者への配当を定める法の総称である。 日本における倒産法には、破産法・民事再生法・会社更生法があり、会社法における特別清算に関する規定も含めて捉えられることが多い。倒産自体は、主に企業が経済的に破綻した場合に使われる事実状態を表す用語であり、法律用語ではない。 アメリカにおいては、日本の破産法に相当するものとして連邦倒産法第7章、同じく民事再生法に相当するものとして連邦倒産法第11章にそれぞれ基づく手続などが定められている。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • SFCG

    SFCG

    株式会社SFCG(エスエフシージー、SFCG CO.,LTD.)は、日本の貸金業者。株式会社KEホールディングスの子会社である。主に事業者向けローン(事業者金融)・手形割引等を扱う。外国人持株比率が2007年時点で22%であり、SFCGによれば「圧倒的な外国人持株比率」と主張している。 1978年に株式会社商工ファンドとして設立し、2002年11月に現在の商号・株式会社SFCGに変更した。これは、商工ファンドカンパニーグループ(Shoko Fund Company Group)の略である。 なお、2007年6月に、全国各地に金融子会社である「株式会社○○(都道府県名)アセットファイナンス」46社を設立し、顧客に対する融資はこの各子会社が担当することとし、全国の支店を廃止した。現在のSFCGは、東京都のみに営業店を有する、東京都管轄の貸金業者となっており、主に上記アセットファイナンス各社からの債権買取、管理業務を行っている。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

続きを見る

続きを見る

続きを見る