searchカテゴリー選択
chevron_left

「企業」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

化学・金属(製造業) トップ

TOP help

続きを見る

  • 民事再生法

    民事再生法

    民事再生法(みんじさいせいほう、平成11年法律第225号)とは、経済的に窮境にある債務者の事業または経済生活の再生を目的とする日本の法律である。日本における倒産法の一つ。 従来、同じ目的で用いられてきた和議法(大正11年法律第72号。民事再生法の施行に伴い2000年(平成12年)4月1日廃止)の特徴であった簡素な手続構造を基本的に維持しつつ、再建計画(再生計画)の可決要件を緩和する一方で、その履行確保を強化するなど、使い勝手のよい再建型倒産法制の構築を目指した。

    テーマ投稿数 23件

    参加メンバー 6人

  • 倒産法

    倒産法

    倒産法(とうさんほう)とは、経済的な破綻状況に至った企業または個人について、その財産の処分や債権者への配当を定める法の総称である。 日本における倒産法には、破産法・民事再生法・会社更生法があり、会社法における特別清算に関する規定も含めて捉えられることが多い。倒産自体は、主に企業が経済的に破綻した場合に使われる事実状態を表す用語であり、法律用語ではない。 アメリカにおいては、日本の破産法に相当するものとして連邦倒産法第7章、同じく民事再生法に相当するものとして連邦倒産法第11章にそれぞれ基づく手続などが定められている。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • SFCG

    SFCG

    株式会社SFCG(エスエフシージー、SFCG CO.,LTD.)は、日本の貸金業者。株式会社KEホールディングスの子会社である。主に事業者向けローン(事業者金融)・手形割引等を扱う。外国人持株比率が2007年時点で22%であり、SFCGによれば「圧倒的な外国人持株比率」と主張している。 1978年に株式会社商工ファンドとして設立し、2002年11月に現在の商号・株式会社SFCGに変更した。これは、商工ファンドカンパニーグループ(Shoko Fund Company Group)の略である。 なお、2007年6月に、全国各地に金融子会社である「株式会社○○(都道府県名)アセットファイナンス」46社を設立し、顧客に対する融資はこの各子会社が担当することとし、全国の支店を廃止した。現在のSFCGは、東京都のみに営業店を有する、東京都管轄の貸金業者となっており、主に上記アセットファイナンス各社からの債権買取、管理業務を行っている。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • マックのドナルドのうわさ・・・

    マックのドナルドのうわさ・・・

    ハッピーセットは、マクドナルドが販売しているセット商品である。アメリカなどではHappy Mealと称され、1979年から登場した。 日本では1987年から登場。子供を対象にしているが、子供のみならず幅広い年代層の人気を集めている。 ドナルドのうわさ!恐怖の?こわ〜〜〜〜〜い怒鳴る度?の・・・・・うわさ!アンハッピー!セット!

    テーマ投稿数 94件

    参加メンバー 36人

  • 雇用問題

    雇用問題

    雇用問題について考えることならなんでも結構です。 みなさんのちょっとした記事を集めれば問題解決に役立つかもしれません!

    テーマ投稿数 48件

    参加メンバー 4人

  • ウェザーニューズ

    ウェザーニューズ

    株式会社ウェザーニューズ(英称:WEATHERNEWS INC.)は、日本の会社で、民間企業としては世界最大の気象情報会社。

    テーマ投稿数 24件

    参加メンバー 3人

  • 社畜(会社人間)仕事人間

    社畜(会社人間)仕事人間

    社畜(しゃちく)とは、主に日本で、企業に飼い慣らされてしまい自分の意思を持たなくなったサラリーマンの状態を指し示したものである。「会社人間」より症状が病的になった状態を<「会社+家畜」から来た造語で、揶揄している。会社人間、企業戦士などよりも、批判が強く込められている言葉である。 過度な会社への忠誠は、例えば不祥事のもみ消しや反社会的な行為を生みかねない、結局会社は倒産し、社会からの糾弾も免れない。会社は社会のために存在する事を忘れてはならないが社畜は一種の病気・・・ワーカーホリック(仕事中毒)の典型だろう。 自分にあてはまったら自虐ネタを。 時事ニュースを。

    テーマ投稿数 615件

    参加メンバー 46人

  • 企業戦士

    企業戦士

    企業戦士 (きぎょうせんし) は日本において企業のために粉骨砕身で働く勤め人であるサラリーマンをいう。自らの身も家庭や家族をも顧みず会社や上司の命令のままに働く姿を戦場での兵士に例えたものだが、日本の屋台骨を支える「戦士」であると企業や社会からもてはやされ、高度経済成長以降「日本株式会社」のおもな担い手となった。彼らは、とくに1972年頃から数年はそのころの流行語にちなんで「猛烈社員」あるいは「モーレツ社員」などと呼ばれた。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 成果主義

    成果主義

    成果主義(せいかしゅぎ)とは、ある一定の課題の評価について、最終的にその課題がどうなったかという点を重視する考え方のことである。企業の人事考課方針などに使用される。

    テーマ投稿数 28件

    参加メンバー 1人

  • リストラ教育

    リストラ教育

    リストラ教育とは、企業が従業員を解雇したい際、企業内教育の名目の元に従業員が自ら進んで辞職するような研修を行うことをいう。なお、人権無視な手法が取り入れられパワーハラスメント(モラルハラスメント)に相当するため、現在は正式には行われていない。 これは、主にバブル崩壊後に企業をリストラする一環で、従業員の余剰が問題になった際に行われた。通常、企業側は従業員を、法的あるいは社会的な問題行為を行った場合以外は、その本人の意思に反して強制的に解雇することは難しく、また本人も継続雇用を希望するため当然のことながら解雇は常識的にはできなかった。 解雇を強要するにあたり、従業員の資質に合わない部署への無理な配置転換や日勤教育なども行われたが、リストラ教育もまた過激な内容であった。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

続きを見る

続きを見る